簡単に刷新


いままで、SNSという場所は、人たちのコミュニティサイトの場所に過ぎなかったのです。しかし、その場所を商業的広告の場所に使わない手はないということで、どんどん動画広告に注目する企業が増えて来ました。

それは、はじまったばかりなので、まだまだ全然、SNS・動画広告に無関心だという人たちにも入り込む余地は残されています。中小企業の方々が、いま、売上げを挽回したいとか、積極的にPRしたいというのなら、多いに、利用価値の高い方法です。それほど予算もかけないで、有効的に、ベストな宣伝ができるかもしれません。

いま、日本にもいろいろな人たちがいて、言語のちがう外国人もいます。 文字の読めない子どもさんもいるでしょう。そのような人たちも、動画広告なら、ある程度のアピール効果を持ってくれているのではないでしょうか。そして、活字離れが進む若者たちにも、動画によってしっかり訴えることが出来、文字を読みづらくなってしまった高齢者にも動画広告のメリットがあります。

いま、ちょっと停滞している中小企業の方々に、ひょっとしたら動画広告という方法は、イメージの誘導効果、感情の誘導効果、 行動の誘導効果などの効果によっても、簡単に刷新できる方法なのかもしれません
関連リンク / ムビラボ

お客様に従う


静止画で、文字が一杯書いてあって、たらたらと説明しているような広告に果たして誰が向きあってくれるのでしょうか。動画広告は、つまり、いちいちお客様が読まないでも見ているだけで、説明をしてくれます。

やっぱり動画広告の方が圧倒的に、説得力があるという感じではないでしょうか。いま、企業では、使用方法、効果の説明が難しい製品や、字だけでは特徴を伝えにくいものに対し、積極的に動画広告を利用していると言います。まさに、動画広告にあるのは、生きているリアリティーという感じではないでしょうか。つまり、静止画でなく動画広告に慣れてしまった現代社会において、静止画は、屍のように見えてしまうかもしれません。

そのようなものに頑張って力を入れている分、この会社はフレキシブルではないとか、古いとか思われて相手にされなくなってしまうかもしれません。大事なモチベーションは、お客様がいま何を求めているか知ることではないでしょうか。だから、お客様が、SNSに関心を持っている以上動画広告も、SNSにおいて提供される必要があります。いままで、ソーシャルネットワーキングサービスという場所は、人たちのコミュニティサイトの場所に過ぎなかったのです。

動画の不思議な感じ


日本と比較して、マーケティングが数年進んでいるアメリカのWeb動画広告市場は2017年には約1兆2000億円に成長すると予測されています。まさに、ここには現在相当な勢いがあると考えることが出来ます。

なぜ、企業の方々が、どんどん動画広告に注目するようになったのかといえば、 静止画より印象に残り、わかりやすいからです。見ている人たちが、もう静止画ではなかなか満足できない時代となり、静止画ではなかなかPRができない時代となってしまったのではないでしょうか。

それは、企業のみなさんが既に動画広告制作ということで足並みを揃えているからです。 短時間で幅広いアピールができるというのも動画広告の方です。みなさんが、動くものに反応して、立ち止まってくれます。静止画で、どういい広告を制作したとしても、もう、今時、お客様のココロをしっかりキャッチするまでには至らない時代となってしまったのかもしれません。

そうです、時代は昔とは違い、明らかに変化をして、動画広告を見ている人たちには、静止画を見ているよりも若干の得した気持もあるようです。スマートフォンで、動画が動くことに、テレビでは当たり前と思っていたも、まだ不思議と感じている人たちもいるのではないでしょうか。

動画制作に向きあう


いま、中小企業のみなさんが、ソーシャルネットワーキングサービス・SNSの動画制作に関心を持っているようですが、ポイントは静止画ではなく、動画ということではないでしょうか。そして、動画広告といえば、テレビなどコマーシャルでは当たり前の発想ですが、いま注目している媒体は、ソーシャルネットワーキングサービス・SNSでないでしょうか。これほどまで企業が動画広告に注目を持つようになって来た原因は、スマートフォンの普及率にあります。

更に、YouTubeなど動画サービスの拡大、充実したことも原因として考えることが出来、もはやYoutubeを知らないという人たちもおられないのではないでしょうか。まさに、主要メディアがテレビからネットへ変化した時代ともいえ、企業の人たちは、テレビのコマーシャルよりも積極的にSNSの動画広告に向きあっているのではないでしょうか。

まだまだ、スタートしたばかりのことなので、これからSNSで動画広告を出そうと思っている人たちも間に合う問題です。いま、この時、SNSの動画広告のことを考えることからはじめてみましょう。そして、本来みなさんにはしなければならない仕事がありますので、そのような仕事が手落ちとならないように、そしてどう効率のいい動画広告が提供できるか方法を知るために、しっかり専門業者に任せるモチベーションが大事ではないでしょうか。

どの企業もSNSの動画広告に向きあえば、やっぱり、そこには質の差が要求されることになります。